英語教材で英語が話せるようになる方法

英語教材で英語が話せるようになる方法

英語教材で英語が話せるようになる方法

英語教材で英語が話せるようになる方法をご紹介しております。
日本人が何故英語を話せないのか?学校英語と実践英語とは異なるのか?
実際に英語を話せるようになった有名人のエピソードや、一般の方の体験談・感想なども含め、「より効率的な英語の勉強方法」を検証していきます。今まで「何をやってもダメだった」という方や「どんな風に勉強したらよいのかわからない」と思っている方、視点を変えてもう一度トライするきっかけになって頂けたら幸いです。
【目的、目標を明確にすることが大事】

今では小学校から英語教育が開始されるようになって来ましたが、以前は中学校からのスタートでした。そういった中で、英語に苦手意識を持つ人は意外なほど多い。その理由は様々です。

「文法がわからなくなった」、「わからない単語が増えてきた」、「そもそも英語に対する苦手意識がある」、「勉強すること自体嫌いだ」等々・・・。

私たち人間は”何のため”が明確になっていれば、取り組めるものです。また、目標や夢があれば、そこに情熱を傾けることができる理由が何かあれば、継続できるものです。しかし、学校教育の中では「やらされている感」、「やらざるを得ない感」がほとんどを占めています。それを「今後にどう活かすことができるだろうか?」というモチベーション作りから始める必要があります。

元日本代表サッカー選手の中田英寿さんは、独学で英語(その他の外国語)を勉強したと言います。それは彼の中に「将来は世界で活躍する選手になる」という明確なビジョン(目標)があったからです。しかも、それは高校時代の時に自らの意識の中にハッキリとしていたと言われています。現在、「中田さんは何故、数カ国もの言葉を話せるようになったのか?」と思う方が多いようですが、それよりもまず「自分のビジョンは何なのか?」ということを明確にすることが重要になってきます。



【目標期日、期間を定める】

前述の中田英寿さんのように、私たちも学習する上で「いついつまでにこの位話せるようになる」というような”自分の中の期限、締め切り”を作っておくことが大切です。それがないがゆえに続かなかったり、だらだらと続けるだけが目標(不明確なもの)となってしまい、ゆくゆくは挫折の原因となってしまいます。時間はお金と同様、私たちにとって大切な資産ですから有効に使いましょう。

【何故、今まで話せなかったのか原因を知り、習得のためのツボを心得る】

「日本人が何故、英語を勉強しても話せないのか?」という論議は、昔から現在まですでに数十年にも渡っています。しかし、歴史をひもとくと、今よりも学習教材が比較にならないくらい乏しかった昔でも、通訳ができるくらいの日本人は数多く存在しました。それはいったい何故でしょうか?

そうです、”その環境や教材の使い方”にあるのです。また”意識や使命感の違い”もあるでしょう。そういったことも検証しながら、より有効に楽しく学んでいけるように解説ページを設けました。


Copyright(C)英語教材で英語が話せるようになる方法 All rights reserved.